アメリカ大使館住宅セミナー&ミニ展示会2005
 

先日 「アメリカ建材を活用するアイデア建築」-拡大するリフォーム市場への対応と新築市場の活性化のために-というテーマでアメリカ大使館住宅セミナー&ミニ展示会2005が福岡で開かれました。

当日会場はアトリエMアーキテクツ代表の松永務氏(大改造劇的ビフォー・アフター第100回記念に登場したリフォームの巨匠)による講演が1時間あり100名近い参加者でとても盛況でした。
このセミナーは前回は札幌、次回は名古屋、そのつぎは東京、大阪と各地を同じメンバーで廻ります。

アメリカの住宅はリモデリングをして買った時より高く売って次の住宅を買いますが、その為には80年ぐらいもつ構造体でなければならず、土台や基礎もしっかりしていなければなりません。窓やドアは取り替える物という考え方で枠をつけてあります。

日本の住宅事情もだんだん変わっていくのでしょうが、もっと建物そのものの寿命が延びて、建物の価値が下がらないような市場が出来る事が大切です。そういう観点から建材を見るのも面白いですよ。

11月8日(火)~11日(金)東京ビッグサイトでジャパンホーム&ビルディングショーが開催されます。

ブース番号3G-05(アメリカパビリオンの中)に出展しており、今回は新しくなったスタッコラースト-Eを展示しておりますので是非ご覧ください。

チケットご希望の方はご連絡ください。直にお送りいたします。

セールスマネージャー  渡辺寿子