今月は新商品のUTクリート(セメントボード)をアップいたしましたので、UTクリートを使った現場をご紹介いたします。

UTクリートは木造の通気工法に使っていただくセメントボードです。通気胴縁に専用のビスで留めていただき、その上に樹脂モルタル、グラスファイバーメッシュ90を使い下地を作ります。仕上はスタッコラースト-Eで塗り壁にしたり、タイルを貼ったり出来ます。またRの壁もOKです。
今回の現場は大田区雪谷のS邸。仕上はスタッコラースト-EのFINE、色は4-951、スムーズ仕上げになっています。 UTクリートの特長は先ず軽いので施工が楽になったことです。その理由の一つは骨材に使用しているフライアッシュとボトムアッシュにあります。これらを使用しているので熱変化や水に強く、従って凍害にも強いことが挙げられます。もちろん耐久性、耐クラック性にも優れています。防火試験にも合格し、現在登録手続き中。

今まで通気工法の塗り壁でクラックなどでお悩みの方、是非一度お試し下さい。
詳しくはブライトンまでご連絡下さい。資料をお送りいたします。(バックナンバー2009年7月号にも北海道の施工写真が載っています。ご参照下さい。)

ユーティークリート サイズ 3×6板 厚さ 11mm 重さ 20Kg

セールスマネージャー  渡辺寿子