エコ・ウッド・トリートメント

水性粉末木部保護剤

天然の木材の保護剤

水性粉末木部保護剤

乾いた生木に塗布するだけ

エコ・ウッド・トリートメントは、数百年前から森林の国スウェーデンで自然の鉱物から作っていた木の保護材です。

もちろん環境に負荷をかけることなく人にも安全な方法で今日に受け継がれてきました。現在はカナダに移住したスウェーデン人が商品化して販売しています。

カナダでは60年以上前から国立公園などの看板やベンチにも使われており、ノーメンテナンス(塗り替えなし)で木は腐っていないそうです。

日本でも10数年前から販売され今日までメンテナンスフリーの商品として人気があり、各地方の地産地消のお手伝いが出来ればと思っております。

木が人々の生活の中で大切な役割を担っている今日、腐朽菌に強いエコ・ウッド・トリートメントが果たす役割も大きくなっていくことでしょう。

木の種類によって、変化は十色

材質、産地、厚さ、温度、天候などにより異なります

エコウッドトリートメントは着色用塗料ではなく、木材に含まれている成分が紫外線に反応して発色します。 顔料が含まれていないため、着色用塗料に発生する「色ムラ」が発生しません。 塗布後の変色は、材質、産地、厚さ、温度、天候などにより異なります。 樹種で比較すると、スギ、ヒノキ、パイン、赤松といった針葉樹は緑から茶色に変色し、時間がたつとこげ茶へと変わります。 けやきをはじめとする広葉樹はグレー掛かった緑から茶色に変化します。 広葉樹は針葉樹に較べて繊維構成が複雑な分、浸透深度も浅くなり発色程度もやや薄い感じになります。

主な用途

乾燥させた木材の保護

■木造住宅
■木壁
■木塀
■ログハウス
■ウッドデッキ
■テラス
■バルコニー
■エクステリア家具
■木製遊戯具・物置・プランター
■木道、木橋、案内板等

※乾燥させた木材にお使いください。すでに塗装または加工されている木材にはお使いいただけません。新しい木材にお使いください。

施工後の色の変化

材質によって異なる変化

自然素材だから安心

自然素材のみを調合して生産しています。土の中、水分の中に有毒な成分を一切残さないので、使用される自然環境、動植物、人類に影響を及ぼすことなく安心です。

長期保存可能

粉末を計量して水で溶くだけ。ブラシ、ローラー、スプレー、又はディッピングでの塗布が可能です。必要に応じて、無駄なく必要な量だけを使うことが出来ます。室内でお使いいただくことも可能です。

一度の施工で半永久的

4L当たり約15㎡の塗布面積。粉末なので輸送効率が高く、残液の発生も防げます。乾燥した環境であれば、半永久的な保管も可能。一度の塗布で6 0年以上のメンテナンスフリー利用の実績があります。