このところ東京は、寒暖の差が激しいながらも夏の気配をあちらこちらで感じるようになりました。
 
先日、今の季節に施工するにはぴったりな水性粉末木部保護剤「エコ・ウッド・トリートメント」を使っていただいた施主様から素敵な写真を送っていただきましたので、今月号のブライトンニュースでご紹介させていただきます。
 
現場は神奈川県にある自宅とカフェを併設したお洒落な木造住宅です。施工は建築業者に依頼されていますが、外壁の木材には施主様とそのご家族で協力してエコ・ウッド・トリートメントを塗布されたそうです(今の世の中ご家族で協力してものづくりすることってとても素敵なことですよね)。

施主様からは、臭みもなく子供にも大人にも安全に使えてイメージ通りの風合いに仕上がったとご満足の声をいただきました(うれしいです)。塗布した木材はレッドシダーで、エコ・ウッド・トリートメントは200g入り(20リットル用)を3箱使用しました。刷毛と水とバケツを用意して次々と塗布されたそうです。
 
写真は施工中と施工後約4カ月のものです。仕上がりの写真を拝見すると、自然に溶け込んだ建物は上品で贅沢な印象を与えてくれます。カフェがオープンしたらぜひお伺いしたいと思いました。
 
ブライトンではエコ・ウッド・トリートメントのサンプルをご用意しております。2グラム入った粉末状のサンプルと、スギ・ツガ・ベイマツに塗布した木材カットサンプルです。サンプルご希望の方はお気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします。
 
ブライトン㈱ 小林ヒロミ