やっと梅雨が明けたと思ったら猛烈な夏が待っていました。
という訳で早くもばて気味ですが、皆さんお元気でしょうか。

住宅の新築着工数は安倍さんがどんなにアベノミクスの成功を叫んでも皆さん記憶にあるアノ時を越える事はありません。それどころか最近は空家率なる言葉が幅を利かせています。
という訳で塗り替えリフォームが俄然増えてきましたのでご紹介いたします。

写真でご紹介する物件は、築25年以上経っている住宅です。モルタルにアクリル系複層模様で仕上げてあります。クラックが所々に発生しており、今回はこの上にBTベース30で全面薄塗り補修をかけ、そこにグラスファイバーメッシュを全面に伏せこみます。クラックの数や出方によって補修方法が決まりますが、今回はクラックがたくさん入っているのでこの方法が採られました。
クラックの数が少ない場合はKM45シーリング材を使って補修したりする事もできます。

BTベース30を塗って数日乾燥させて、仕上はスタッコラーストEを使って鏝塗りをする予定です。

次回のブライトンニュースでまた続きをご紹介いたします。つづく・・・
 

セールスマネージャー 渡辺寿子