例年ならそろそろ桜が咲き始めてお花見ムードいっぱいになるところですが、今年はまだ雪の便りが聞こえてくる今日この頃です。昨年の大震災から早1年が経ち、改めて事の重大さや被害の大きさ、政府の対応の遅さや何も変わっていない空しさなどを感じずにはいられません。桜もこんな情勢を察知して咲くに咲けないのではないでしょうね…。
 
今回は昨年から販売を始めてお問い合わせの多いエコ・ウッド・トリートメントについて施工写真などをご紹介いたします。
 
エコ・ウッド・トリートメントは粉末の木部用保護剤です。数百年前からスウェーデンで先住民族が自然のものから作る木の保護剤を使っていました。森林の国スウェーデンで使っていた保護剤をカナダに移住したスウェーデン人が商品化したのがエコ・ウッド・トリートメントです。
カナダでは住宅はもちろん、自然公園のベンチや看板、ウッドデッキなど一度施工すると60年は塗り直しなしに木が腐らずにいます。この年数の長さは日本では考えられない長さです。内部・外部に関わらず木を自然のままで使いたい方に是非お勧めの商品です。
 
エコ・ウッド・トリートメントを木部に塗り光にあたるとアンティークな感じに色が変化します。この色は木の種類によって多少違いがありますが、なんとも塗装とは違って自然な良い感じです。日本ではログハウスに使って10年間塗り替え無しに木が腐らずにいます。もちろん有害性はないので地球にも人間にも負荷をかけない安心して使える木の保護剤です。使用できない木は塗装済みの物、接着剤を使用している合板などです。
 
木材大好き人間にお勧めの逸品です。
 
セールスマネージャー  渡辺寿子